カードローンを低金利で借りるコツ

住宅カードローンを低金利で借りるコツは、金融機関からの信用を得るということにあります。信用を得る方法とはいっても、さまざまな手段があります。年収500万円以上であるとか、公務員・大企業で働いている、勤続年数が長い人などは優遇されやすいでしょう。しかし、こういった経済的信用というのは簡単に得ることができるものではなく、長年の努力が必要になります。

比較的短期間で優良客であると認められるには、その会社の商品を利用するということが手っ取り早いです。銀行ならば、住宅ローンを利用しているとか、定期預金を積み立てているとか、口座に毎月給料が振り込まれているといったように、その銀行でカードローンのほかにも取引をしている場合に、優良客として認められやすくなります。

消費者金融の場合には、キャッシングが主な商品となりますので、キャッシングを頻繁に利用して、良好な利用実績を積んでいくことです。延滞をしてしまうと逆に信用が下がってしまうので、気をつけましょう。延滞をせずに利用をしているというだけでも、約束を守る顧客だということが認められ、限度額を上げやすくなっていきます。個人信用情報もチェックされるので、その会社だけでなく、他社のクレジットカードの利用でも延滞をしないように気をつけておく必要があります。

このように、金融機関から優良な顧客であることを認められれば、高い限度額で借りられたり、有利なコース・金利で借入れをすることが可能になります。カードローンでは金利は実質年率で表記がされているので、事務手数料などは気にする必要がなく、単純に低金利で借りるほどメリットがあります。